ブログ一覧

みなさん、こんにちは。これ短講師 中小企業診断士の中里です。

先週まで平成27年度の経営情報システムの解説を行ってきました。皆さんの学習に役立ったでしょうか?

今日からは、1次試験直前企画として、今年の1次試験を受験予定の方に試験攻略のコツをお伝えしたいと思います。

pens

まず、1回目は多年度受験生にとっての1次試験です。

ここでの多年度受験生とは、2次試験受験経験はあるが残念ながら1次試験に再チャレンジすることになってしまった方々を中心に考えています。(私自身も1次試験の再チャレンジ経験があります)

この時期はすでに1次試験に向けて、過去問をドンドン解いている時期だと思います。過去に1次試験に合格した経験があるので、それぞれの受験生にとってコツのようなものがあると思います。

1次試験に合格した時の試験中の感覚を取り戻せているでしょうか?おそらく、1次試験に合格できた時は、問題を見ただけで、「これはイケる問題だ」「この問題はいつもミスするタイプなので要注意」「これはヤバイ」など、問題を解く前に判断が可能だったと思います。

同じような感覚を持てているでしょうか?もし、今の時点で感覚が復活していれば、自信を持って大丈夫だと思います。

 

もう一つの観点として、各科目ごとの問題のクセを思い出したでしょうか?具体的には、企業経営理論は少し、表現が難解ですぐには理解できないような文章が出てきます。また、経営法務では会話形式でさまざまな条件を読み取りながら問題を解く必要があります。

つまり、限られた時間で効率よく問題に対応するためには問題になれる必要もあります。どれだけ問題に慣れているか、の一つのバロメーターになると思います。(この辺りは、初めて受験する人でもしっかり過去問をやっていれば十分身につくコツです)

 

多年度受験生には、経験という大きなアドバンテージがあると思います。その経験が生きるような状態になることが直前には非常に重要になると思います。逆に言うと、過去の直前期の状況とギャップがあるようであれば、まだ少し準備不足かもしれません。

power

残り1か月と少しになりますが、的確なラストスパートに繋げましょう。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。