ブログ一覧

みなさん、こんにちは。これ短講師 中小企業診断士の中里です。

昨日、ニュースとしてお伝えした通り、中小企業診断協会から1次試験の詳細が発表されています。GW中にはなりますが、5月6日から試験案内(試験申込が綴じられているもの)の配布が開始されます。はじめて試験を受験される方は、個別に取り寄せる必要がありますので、早めに取り寄せを行いましょう。また、試験の申込は「郵便為替のみ」となりますので、試験案内に記述されている内容をしっかり確認して、間違いがないように手続きを行いましょう。(受験票が送られるまで申込に関する連絡は何もないので、確認の方法がないので、自分を信じるしかありません。また、郵便為替の領収書部分は必ずとっておいてください。万が一、受験票が届かない場合に問合せるために必要になりますので)

第8問

今週の商品の販売実績は下表のとおりであった。下表から売上金額を評価基準としたパレート図を作成して、来週の販売方策を検討したいと考えた。パレート図作成のため、まず売上金額の大きい順に商品を並べたデータを得るためのSQL文として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

27_8

解答群
ア SELECT 商品番号,商品名,販売数 * (売価-仕入価格) FROM 販売実績表 ORDER BY 販売数 * 売価 ASC

イ SELECT 商品番号,売価-仕入価格,販売数 * 売価 FROM 販売実績表 ORDER BY 売価-仕入価格

ウ SELECT 商品名,販売数 * (売価-仕入価格) FROM 販売実績表 ORDER BY 5 ASC
エ SELECT 商品名,販売数 * (売価-仕入価格),販売数 * 売価 FROM 販売実績表 ORDER BY 販売数 * 売価 DESC

この問題は、経営情報システムの超定番問題である、SQLに関する知識の問題です。ほぼ、毎年と言ってもいいほど出題されているテーマなのでしっかり対策を行って、得点源にしてください。ちなみに、情報システム系の仕事をしている受験生はほとんどが得点していると思いますので、もし苦手な方は早めに対策をとっておかないと差がついてしまう、別れ目問題になってしまいます。

まず、知識の確認ですが、SQLの中でも基本的な「SELECT文」についてはしっかり理解していますよね。

基本は「SELECT 表示項目1,表示項目2 FROM 抽出対象の表 WHERE 条件式」となります。また、本問題では加えて、「ORDER BY句(昇順/降順の指定)」の知識が必要となります。

「ア」について見てみると、処理結果の表示項目は、「商品番号」「商品名」「販売数 * (売価-仕入価格)」となっています。そして、表示順は「販売数 * 売価 ASC」となっており、「販売数 * 売価」つまり、「売上額」の昇順(ASC)となっているように思えますが、落とし穴が。「ORDER BY」は、SELECTの表示項目で指定する必要があるので、このSQLはエラーとなってしまうのです。

「イ」は、処理結果の表示項目は、「商品番号」「売価-仕入価格」「販売数 * 売価」となっています。そして、表示順は「売価-仕入価格」つまり、単位あたり粗利となるのですが、問題文の要件では「売上金額の大きい順」となっていますので、期待する結果とは異なることになります。

「ウ」を確認すると、表示項目は「商品名」「販売数 * (売価-仕入価格)」の2項目です。そして、表示順は「ORDER BY 5 ASC」となっており、5つ目の項目の昇順で表示することを支持しています。(ORDER BY句は項目名または表示項目の何番目を指定することができます)しかし、2項目しか指定していないのでエラーとなってしまいます。

最後に「エ」を確認すると、表示項目は「商品名」「販売数 * (売価-仕入価格)」「販売数 * 売価」の3項目です。また、表示順は「販売数 * 売価」の降順となっており、売上高が高い順に表示される結果になります。

以上から、正答は「エ」となります。

慣れない方には少しとっつきにくいSQLの問題ですが、落ち着いて考えるとそれほど難しい問題は出題されないので、確実に得点につなげたい問題となります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。