ブログ一覧

みなさん、こんにちは。これ短講師 中小企業診断士の中里です。

2月も中旬になり、少しだけ暖かくなってきました。太陽が出ている時間も少し長くなり、いよいよ春が近づいてきています。(花粉症の人は、ここからが大変ですが。。。。 😥 )

さくら

みなさんの試験勉強は順調でしょうか?前回まで、10数回に分けて、診断士試験の概要や対策についてご紹介してきました。

その中でも何度も触れていますが、試験までの対策期間が長いのも難易度の高い試験の一つの特徴でしょう。

春を迎える前に、学習のスケジュールを改めて考え直すことをお勧めします。

ここまでの学習で、何度も見直してきていると思いますが、ここからは模試や直前期の過去問対策などを考慮して、しっかりスケジュールを具体化したいところです。

 

スケジュールを考えるにあたっての主なマイルストーンは以下のとおりです。

新年度の開始(4月):職場環境などが変わる可能性もありますので、ここまでに何をするか?

GW:多くの受験生が、1次試験対策に絞る時期です。今年の合格に向けてここまでに何ができているべきか?

5月:模試などに向けてそろそろ過去問に着手したいところ。インプットはいつまで行うか?

6月:模試などが行われる時期です。模試を受ける時点でどこまで完成度を上げておくべきか?

7月:1次試験の1ヶ月前です。合格レベルになるっているでしょうか?

ここからの道

 

冬の間は、寒さもあり勉強が進まなかった方もいると思いますが、ここから夏の本試験までは意外と期間が短いです。全力で突っ走るくらいの気持ちで臨んでください。(と言っても、健康第一で)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。