ブログ一覧

こんにちは。これ短講師 中小企業診断士の中里です。試験まで2週間を切ってしまいました。皆さんの学習状況はいかがでしょうか?
そろそろ、負荷をかけるのは終わりにして、ファイナルペーパーの作成など、試験本番に向けた具体的な準備に入ってみてはいかがでしょうか?(ただ、ファイナルペーパーが絶対に必要なわけではありません、事実、私は試験会場ではできるだけ落ち着きたかったのでファイナルペーパーを作成せず、ただただ休憩することに専念していました)

switch

与件文の整理を行うのにどのようにメモをしているでしょうか? 事例1や事例3では事例企業の組織や役割について、与件文で詳細に説明されます。製造部や企画部など当たり前のように記述されているので、油断しているとあまり頭に残らずに目で追うだけで終わってしまうことがあります。

これらの組織やその関係性(プロセス)は事例企業の課題を分析する上で、非常に重要なポイントになっていることに気づいてますか? 「聞かれたことに答える」というのが2次試験の鉄則ではありますが、「聞かれる前に課題を想定する」ことで解答の完成度を上げることができます。企業の課題は、組織と組織の間やプロセスの前工程での課題が後工程で顕在化することがほどんとです。

process

組織やプロセスが出てきた場合には簡単な図を作成することで、どことどこが関係をしているか(問題を持つ可能性があるか)を把握しやすくなり、多面的な解答につなげることができます。ぜひ、「図」を書いてみましょう。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。