ブログ一覧

みなさん、こんにちは。これ短講師 中小企業診断士の中里です。
毎日猛暑が続いていますが、受験生の皆さんは体調管理は大丈夫でしょうか?直前期で「あと一踏ん張り」と頑張っている姿が眼に浮かぶようですが、試験日直前に体調を崩すと、体力的、精神的に辛い試験になってしまいます。もし、少しでも疲れや具合の変化があれば、思い切って「休み」をとってくださいね。

今日は、先週のブログでお約束したとおり、前日と当日の試験直前までの過ごし方をご紹介したいと思います。例によって、あくまでも私の体験であり、一つの事例として読んでもらえればと思います。

1次試験

■前日は早起きから
先週のブログにも書いたとおり、できれば前日はお休みを申請して、試験に集中できる環境を確保したいところです。ただし、「休日」だからといって寝坊してダラダラ過ごすのはNGです。人間は、起床してから数時間後から活動が本格化すると言われます。しかも、活動がONになるタイミングは習慣などにもよるそうです。したがって、前日などは少しでも本番で本領を発揮できるように、本番に似せた活動スケジュールで過ごしてください。
試験当日は、9時には開門しますので、それにターゲットを合わせて、朝の準備時間や移動時間を考慮した起床時間を心がけてください。

■まずは受験票の準備!
すでに準備済みの人も多いと思いますが、しっかり受験票の準備はしてくださいね。写真を貼ったり、受験の注意事項を確認したり、会場までの移動ルートを確認したり
そして、きちんと試験当日に持つカバンに入れてください。受験票を忘れると、試験会場でいろいろ手続きが発生してしまい、精神的に落ち着かない状況で試験に突入してしまいます。受験票の準備は「基本のき」ですね。

■前日の活動は17時まで
学生時代の試験には一夜漬けで臨んだ経験がある受験生も多いでしょう。そして、診断士試験の武勇伝で、「仕事で徹夜になりその足で受験、そして合格」のような話もたまに聞きますが、多くの受験生は体調を整えて受験をしていますので、無駄に限界に挑戦しないようにしましょう。
私の場合は、前日は17時までに全ての活動を終えて、早めに寝ることを心がけていました。SNSなどで受験仲間と交流していましたが、SNSを開いてしまうと受験仲間の頑張りで気になってしまうので、勉強&SNSは17時で封印して、リラックスした前日の夜を過ごして、質のよい睡眠をとるように心がけていました。

■会場に入ったら切り替える
繰り返しになりますが、試験会場の開門は9時です。少し早めに現地についた受験生は、近くの喫茶店などで最後の確認としてテキストやファイナルペーパー見ています。私も、8:30前くらいには会場付近について、空いている席を見つけて確認をしていました。
そして、9時には受験番号ごとの教室割り当てが掲示され、入室が可能となります。入室後は、まずトイレの位置や数を確認してください。特に男性は受験者数が多いので、臨時でのトイレや別フロアでのトイレの利用も視野に入れて、どのトイレが利用できるかは確認必須です。女性の場合も特定フロアのみの利用になる場合があるので確認しておきましょう。
そして、教室では気持ちを切り替えて、テキストやファイナルペーパーの確認は最小限にしてください。気にはなりますが、試験開始までの限られた時間で全てを確認することは不可能なので、あらかじめ直前確認テーマを決めて、その箇所を確認したら、試験開始を静かに待ちましょう。
試験のスタートは、まず解答用紙(マークシート)が配られます。マークシートには受験番号を記入&マークするのですが、試験官の指示にしたがって、しっかりマークをしてください。試験官の指示があるにもかかわらず、マーク漏れをする人が結構いるようです。緊張などさまざま理由があると思いますが、マーク漏れ・ミスをすれば対象科目は不合格になってしまうので、これだけは100%達成してください。
次週は、直前メッセージをお伝えしたいと思います。

コメント

    • 購入者
    • 2015年 7月 31日

    有料アプリ。発売日自体、試験ギリギリになり、さらに購入してみると、解答間違えが発生(間違った答えしか選べない問題など)。1200円も払ってるが、なんやかんやと問題あるアプリ。運営側のズサンさが見える。

      • 中里英則
      • 2015年 8月 01日

      購入者さま。コメントありがとうございます。また、試験直前の貴重な時期に、アプリに誤答があり大変失礼いたしました。
      あらためて、これ短講師一同で内容を精査し、アプリのバージョンアップの際に修正対応させていただきます。
      修正の際にはブログ/Facebook等でお知らせいたしますので、今後ともこれ短を宜しくお願いいたします。
      (もし、可能であれば購入者さまのご指摘の誤答問題を以下にご連絡いただければと思います)
      連絡先: support@koretan.jp

  1. この記事へのトラックバックはありません。