ブログ一覧

こんにちは。これ短講師の安藤です。

前回につづいてど忘れしそうな漢字テストその2です。

<問題>
1.あんぜんよゆうりつをいじする
2.くちこみのかんき
3.のうりょくをこえる
4.けんげんをこえる
5.てきかくなしょぐう

 

 

さて、答えです。

1.あんぜんよゆうりつをいじする
  安全余裕率を維持する

1次試験頻出キーワードですがど忘れ注意。
維持も糸偏あたりが怪しくなりますので注意。

2.くちこみのかんき
  クチコミの喚起(口コミの喚起)

すみません、漢字ではありませんが
クチコミはマーケティングで良く出るキーワードです。
私の好みでは「口」と「ロ(ろ)」が混同しやすいので、
「口コミ」よりも、「クチコミ」の方が採点者には読みやすいと思います。
また、クチコミを発生させる言葉が表現しにくいので、
「喚起」という言葉が便利なので覚えましょう。

 

3.のうりょくをこえる
4.けんげんをこえる
  能力を超える
  権限を越える

ここはまとめて。「こえる」には2種類あります。
数量、基準、能力は「超える」
場所、時間、権限は「越える」
ですので使い分けましょう。

5.てきかくなしょぐう
的確な処遇。
「的確」と「適確」の両方の表現があります。
今ではどちらも間違いではありませんが、
古くは「的確」の方が正しいようで、
少し念頭に置いておくと良いでしょう。

処遇の「遇」も忘れやすいので注意。
コツコツ漢字にも注意しましょう!
以上です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。