ブログ一覧

「これ短」講師 中小企業診断士の松木和成です。

 

1次試験まで2カ月を切りました。試験当日のイメージを少しでも持ってもらうために、前回に続き、今回も私の1次試験体験記をお話します。

 

前回のブログでお話をしましたが、1科目目の経済学では、あまりに分からない問題が多く、開始3分で頭が真っ白状態になりました。

どうにか気持ちを持ち直して2科目目の財務会計を迎えた訳ですが、またしてもパニックになりかけました…(笑)

第1問目から順番に解いていったのですが、第8問目まで”全く”分かりませんでした。 本当に“全く”分からず、8問全てをカンで解答するという事態に…。どんなに分からない問題があっても、必ず全ての解答を埋めましょうね!

結局、足切りの40点が頭をよぎり、財務会計が終わりました。経済も財務も失敗し、絶望的な気分でした。

 

財務会計が終わると、お昼休みです。お昼ご飯はおにぎり2個でした。眠くならないように、お昼は食べ過ぎ注意です!それから、私の場合、お昼休み以外の休憩時間の合間にも、カロリーメイト(糖分補給)や栄養ドリンク、フリスク(眠気覚まし)を補給してました。

 

昼休みが終わり、次は3科目目の企業経営理論。

時間が足りなかったのですが、試験終了1分前にぎりぎりで全ての問題を解き終わりました。「何とか解き終わった…」と思って、何気なく次のページをめくったら、まだもう1問残ってました…。。 あと何問残っていて解くのに何分必要かを常に確認するようにしましょう!

企業経営理論で挽回するどころか、むしろ足を引っ張ってしまい、さらに不安が募りました

 

1日目の最後は運営管理。

問題を解いていくと、例年通りの難易度といった感じでした。70点は超えていそうな手ごたえを感じ、なんとか次の日に望みを繋げることができて初日が終了しました。

 

1日目の試験が終わったら、早速、帰りの電車で翌日の勉強を始めました。家に着いてからは単語カードを見直し、夜10時には寝ました。

一部の受験校からは1日目の解答の一部が当日に発表されますが、答え合わせはしないようにしてください。点数が悪い場合に翌日はかなりプレッシャーになりますし、なにより、答え合わせをする時間があるのではあれば翌日の勉強をしましょう。

 

試験2日目も9時には会場に着きました。「ぎりぎりに着いてぐったり…」なんてことにならないように、会場には余裕を持っていきましょうね!

 

5科目目は経営法務です。

一番苦手の意識の強い科目だったのですが、 問題を解いていくと、めちゃめちゃ簡単でした。 意外な科目で点数を稼ぐことができて、ここに来てようやく気持ちが落ち着きました。

 

残りは経営情報システムと中小企業経営でしたが、これまためちゃめちゃ簡単でした。2日目の科目はどれも70点以上はとれたような手ごたえでした。

1日目の出来が悪かろうと、諦めなければ2日目で挽回できます!

 

こんな感じで私の1次試験は終わりました。後日採点してみると、無事に420点を超えていました!

 

●採点結果


経済:60点(思っていたよりは良かった)

財務:52点(予想通りの点数)

経営:75点(意外にかなり良かった)

運営:59点(意外にかなり悪かった)

法務:74点(手ごたえ通り)

情報:68点(意外に悪かった)

中小:67点(意外に悪かった)

合計:455点


 

結局、財務会計は全くカンが当たらず、第2問から第8問は全て間違えていました(笑)

ただ、ここでお伝えしたいのは、手ごたえと実際の結果が一致していないことです。私の場合は、手ごたえの全くなかった企業経営理論に救われました。

なので、試験中にどんなに絶望的な気分になろうと、最後まで諦めなければ試験に通ります!ぜひ1次試験頑張ってください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。