ブログ一覧

こんにちは。これ短講師安藤です。

a0002_003790

2次試験ではシャープペンシルの他、
ボールペンや蛍光ペン、さらに定規や電卓が使えます。

そこで、シャープ1本か、それとも蛍光ペンやボールペンを使うか、使うなら何色か。
2次試験の解答プロセスを作ると迷います。

合格者の人たちはどのようにしていたのが多いのか。
結論から言えば「人それぞれ」のようです。
だいたい方法としては次の3パターン。

①蛍光ペン3色以上
②蛍光ペン1色とシャープ
③黒シャープ1つ

きちんと統計データにはなっていませんが、
感覚的には①、②、③それぞれ3等分のようです。

私は①のタイプで、蛍光ペン3色に、青・赤ボールペンで、
解答用紙へ書くところだけ黒シャープでした。
カラフルですが、複雑な事例をビジュアルやカラーで整理する感覚です。
ただ、この方法、必要以上に道具を複雑にして目的を失ってもまずいので、
「なぜ色を使うのか?」をよく考えてみることが留意点ですね。
一方で、③黒一色の人はシンプルかつ「文字」で整理していた感覚のようです。
②はその中間でしょうか。

右脳派、左脳派にわかれるような気もしますが、
「自分はどの感覚で状況を整理するか」

という観点で色々と試してみてはどうでしょうか?

最後はあまり神経質にならずに②。つまり、
蛍光ペンとボールペンくらいにしておくと無難なスタイルかと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。