ブログ一覧

みなさん、こんにちは。これ短講師 中小企業診断士の中里です。
GWも終盤に差し掛かってきました。明日、明後日は出勤という方も多いと思います。とはいえ、またすぐに土日がやってくるので勉強時間の確保はもう少しできるのではないでしょうか?

ここからの道

GWが明けると、受験予備校などでは「1次直前期」として、1次試験向けのアウトプット中心の講義内容に切り替わります。そして、2次試験を見据えつつ、1次試験の科目受験を目指す受験生などもGWから1次試験に切り替え(切り戻し)て直前対策を行うように言われます。

つまり、今が行動の時です。GWまでの学習が思うように進まなかった方や、勉強はしてきたのだが完成度について不安を持っている方など、さまざまな状況を持っているのが、この時期の受験生です。

裏を返せば、この時期から「きっちり」学習ができる人が合格に近づけるといっても過言ではないと思います。

残り94日

この期間を、どのように使うかが重要です。ここからの学習法は、本試験の過去問を用いたアウトプット中心の学習にしていく必要があります。残り日数を考慮すると、単純計算で、1科目あたり13〜14日しかありません。この短い時間で効率的に知識を身につけていくためには、取捨選択を行って、覚えるところ、覚えないところをはっきりさせることが必要です。

経営情報システムでは、平成26年度の本試験問題について、各設問の解説と解き方を解説しています。また、4/22のブログには、「覚えるべき基礎知識」として情報システムのテーマを提示していますので、ご活用ください。

(過去問の解説、解き方シリーズは他の年度もやった方いいですかね?どなたかご希望があれば、シリーズ化してみようかと思いますが。。。)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。