ブログ一覧

こんにちは。これ短講師 中小企業診断士の中里です。

だいぶ暖かくなってきましたね。まだ、時折寒い日がやってきたりしますが、そろそろ春本番といったところでしょうか?気持ちのよい春の次は、「夏」です。そう、中小企業診断士第1次試験が近づき、すでに8月8日まで残り115日となっています。

そして、本日 中小企業診断協会から本年度の試験日程の詳細が発表になりました。
平成27年度試験日程について

みなさんはしっかり学習は進んでいるでしょうか?これ短では、お待たせしている最後の科目である「中小企業経営・政策」の教材が間も無く完成します。(中小企業経営・政策は法律改正などの反映が必要なので、教材の準備がやや遅くなってしまいます。受験生のみなさんにはご迷惑をおかけしますが、試験に役立つ教材を準備するためですので、ご了承ください)教材の準備が整いましたら、また本ブログでお知らせしますので、ブログチェックをお願いいたします。

さて、再来週にはGWをひかえ、勉強のモチベーションもうなぎ登りだと思います。すでに半年、1年と学習を続けてきた受験生は、自分が学習してきた内容をまとめたり、直前期に向けて過去問中心の学習に切り替える時期だと思います。
そして、反対にこれまでさまざまな理由で勉強が順調ではなかった方も「ここから挽回」しましょう!そんなあなたに、ここから追い込む受験生のための4つのポイントをお伝えします。

ポイント1:GW前にGWのスケジュールをしっかり立てる

GWは会社勤めをしながら勉強する方々にとって、時間が取れる唯一のタイミングだと思います。つまり、皆が勉強しているGWの学習の質が「勝負の分かれ目」になるといっても過言ではありません。

そのGWで何をするか、ちゃんと考えられていますか?

時間があるとどうしても、いろいろな事に手を出してしまい、結果として時間がとれない、やるべき事が出来ていない、ということが多くあります。(実際、私も連休はアレコレと手を出してしまって効率を下げてしまっていたクチです)

仕事などでもそうですが、その場の思いつきで飛びついてしまうと、重要性緊急性を無視した場当たり的な活動になり、結果として肝心なことができていないということに陥りがちです。ちょっと面倒ですが、きちんとGW前にスケジュールを立てましょう。
可能であれば、時間単位、最低限でも午前・午後・夜のレベルでは何をするかを明確にして、計画を持ってGWを迎えてください。試験勉強ばかりでなく、息抜きを入れるのも忘れないでくださいね。

ポイント2:GWには過去問を1年分やる

このブログでも何度もお伝えしていますが、資格試験では、良くも悪くも試験に対応することが合格への近道です。つまり、試験を知らないと「合格」にはたどり着けません。特にここから巻き返しを図ろうと考えている方は、効率的に試験対策をする必要がありますので、8月8日の試験への集中してください。試験は、競争なので、企業経営理論で学習する競争戦略の中の「集中戦略」だと思ってください。
過去問の1年分をやるためには、7科目分の時間が必要となります。7科目の試験問題をやるとすると、60分×4科目+90分×3科目=510分=8.5時間だけ時間が必要です。時間が取れる(取りやすい)GWがチャンスといえます。

ポイント3:模試の申し込みをする

これ短は通信講座形式ですので、教室授業や模試などのイベントはないのですが、試験対策上は、模試を受けることを「強く」お勧めします。試験会場の雰囲気、合計510分間での自分の集中力の変化などなど、その場でないと体感できないことが多くあります。

1次試験の模試を実施している主な予備校は以下の通りです。日程などを考慮すると、意外と少ないことに気づくと思います。この時期に模試の申し込みをしていないと、一度も試験の経験をしないまま、本番を迎えることになってしまうと思います。

ちなみに、模試を受ける際に、勉強仲間などと数人で申し込み、受験をする方を多く見かけますが、勉強仲間と一緒に模試を受けるのはお勧めしません。本番と同じように、「非日常」の中で受けてこそ、新しい気づきがありますから。

ポイント4:1次試験までの週末の予定を確定させる

このブログの冒頭で書いたように、1次試験まであと115日です。しかも、GWが終わったあとは、連休となるのは7月の3連休のみ。つまり、土日でしっかり対策ができるか、がGW後の学習の要となります。(もちろん、平日の学習も大事ですよ)
ポイント1と同様に、これから迎える限られた時間を、効率的に活用するためには、スケジュール化が大切です。試験日から逆算をして、何をするか、どのような状態でありたいか、をしっかり想定してください。そして、残り14週を活用して、今年度の中小企業診断士第1次試験を突破してください。

以上が、ここから追い込む人向けの4つのポイントです。もちろん、順調に進んでいる人も、これまでのご自身の学習ペースにこれらのポイントを加えていただくことは有効だと思いますので、貴重なGWを活用してくださいね!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。