ブログ一覧

「これ短」講師 中小企業診断士の松木和成です。

先日、中小企業診断士試験のスケジュールが発表されましたね。まだ確認されていない方は、中里先生のブログを参考にしてください。

『診断士試験スケジュールの発表』(中里先生)

 

1次試験は、8月8日、9日の土日で行われる予定になっています。つまり、1次試験まで残り4ヶ月です。

今回は、残り4ヶ月間の勉強生活での参考になればと思い、私が診断士試験を勉強して学んだことで、最も大切に思っていることをお話したいと思います。

 

私は受験生活2年を、予備校に通って過ごしました。その中で一番印象に残っているのは、先生からの下記の問いでした。

「外部環境が悪い方向に変化すると業績は下がりますか?」

 

景気が悪化する、近隣に競合ができる…。良くないような外部環境変化は当然起きますよね。
上記の問いを、みなさんはどのように考えますか?

先生の答えは、こうでした。

「外部環境が変化しただけでは、絶対に業績は下がらない」

 

そう言いつつ、外部環境が変化して業績が下がるパターンとして、以下の2つをホワイトボードに書き出しました。

①外部環境が変化したけど、なにもしなかった
②外部環境が変化し、なにか手は打ったけど、効果はなかった

 

私はこの話を聞いて、なるほどなと思いました。

たしかに、残念ながら業績のせいにしてなにもしない経営者も中にはいます。①のパターンですね。実際に「こんなに業績が悪いのは、政府が何もしないからだ」と言う経営者に、私はお会いしたことがあります。

それと、いくつか打ち手を打っただけで諦めてしまう経営者もいます。これは②のパターンですね。いくつか打ち手を打っただけで効果が出たらラッキーで、何回も試行錯誤しないと効果が出ないことがほとんどです。

 

この、外部環境のせいにしてはいけない、というのは、診断士の勉強でも一緒です。

「仕事が忙しくて勉強できなかった」
「土日は家庭があって勉強できなかった」
「回りに予備校がなくて、うまく勉強できなかった」

 

こんな言い訳をしていませんか?
言い訳をしないで、激務の中で勉強時間を確保する方法、家庭と勉強をうまく両立させる方法、地方でも効率的に勉強できる方法を考えてみませんか?

大切なのは、絶対に、人のせいや周りのせいにしないこと!外部環境のせいにしてもなにも変わりません。ぜひ、自分を変えることを考えてみてくださいね。

残り4ヶ月、応援しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。