ブログ一覧

「これ短」講師 中小企業診断士の松木和成です。

前回は私が2次試験に落ちた理由をお話しましたが、本日は私が2次試験に合格できた理由をお話します。

自己紹介でもお話しましたが、私は受験2年目で診断士試験に合格しました。

1年目 1次試験合格 2次試験不合格
2年目 2次試験合格

なお、2次試験の勉強時間は、下記の通りです。

1年目 400時間不合格(総合B判定)
2年目 150時間合格

ご覧のように、2次試験が免除されているにも関わらず、1年目は150時間しか勉強していません。
※これは、急速なモチベーションダウンが原因です(笑)。なお、燃え尽き症候群の対処法については、こちらを参考ください。

このわずか150時間で何が変わったのでしょうか?
実は、150時間勉強を進めたことによって、2次試験に必要な知識をほぼ網羅することができました。

2次試験で必要とされる知識は1次試験で必要とされる知識のごく一部です。
しかし、1年目の段階では、その必要とされる知識が何なのか、正確に把握できていませんでした。
2年目になり、ようやく必要となる知識を把握することができました。

必要とされる知識をしっかりと抑えてしまえば、2次試験を合格する確率は、「グン!」と高まります。

 

それから、1次試験を今年初めて受験される方に、もう1点お伝えしたいことがあります。
それは、今年診断士試験に合格したいのなら、今から2次試験対策をしてください」ということです。
今から2次試験対策をしないと、手遅れになる可能性大です。

私は、1次試験が終わってから2次対策を始めました。
1次試験は学内模試でも上位に入っていたので、その調子で2次試験も高得点を取れるだろうと安易に考えていたためです。

しかし、現実は違いました。
私は、学内模試の運営管理は全国1位でしたが、事例Ⅲ(生産・技術)は全国最下位でした(笑)。

何が言いたいのかと言うと、1次試験ができるからといって、2次試験ができるとは限らないのです。
もし1次試験がある程度できているのであれば、なるべく早くに2次試験対策を始めてください。

私は、2次試験の1カ月前に会社を辞め、400時間というかなりの勉強時間を確保したつもりでしたが、結果落ちました。
私の場合、2次試験の勉強を1年目にあと150時間していたら、おそらく一発合格できていたのだと思います。
しかし、1次試験が終わってからでは、400時間が限界でした。

後悔しないためにも、ぜひ今から2次試験の勉強を始めてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。