ブログ一覧

こんにちは。「これ短」講師 中小企業診断士の田中亮です。

経営法務・知財の出題範囲には条約が含まれています。
診断士試験に出そうなところですと、パリ条約、特許協力条約、マドリッド協定議定書、ベルヌ条約などです。

今年はこれに新たな仲間が加わります。
日本政府は2月13日に「意匠の国際登録に関するハーグ協定のジュネーブ改正協定」の加入書を世界知的所有権機関の事務局長に寄託しました。
これにより今年の5月13日から意匠の国際登録制度が利用できるようになります
参考:経済産業省ウェブサイト

条約発効の時期からみて2015年度の試験で出題されるとは考えにくいですが、
意匠 → ハーグ協定、またはジュネーブ改正協定
ということくらいは覚えておくとよいでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。