ブログ一覧

みなさん、こんにちは。これ短講師の中里です。

すでに、他の講師のブログでも取り上げていますが、この時期はこのテーマを外すわけにはいきませんね。

平成26年度中小企業診断士第二次試験(筆記)に合格された方、

おめでとうございます!

sailors-60606_1280

今週末には、口述試験が実施されます。すでにさまざまな支援団体で実施している口述試験対策セミナーに参加された方も多いと思いますので、口述試験がどのようなものかはご存知だと思います。

ここまで来ると、中小企業診断士(仮)であることをしっかり認識して活動してくださいね。みなさんは、国家資格の保有者なのですから、「ちょとだけ」目立つことになるわけですからね。

ここで質問です。

診断士になったら何ができますか?

いきなり、アレやコレとできることを挙げられる人はほとんどいないと思います。先輩や同期の診断士、またはともに活動する他の士業との連携することで少しずつ「何か」で貢献できるようになってくると思います。

そこで。

まずは、同期の合格者との交流を深めてみてはいかがでしょうか?
ある意味、「中小企業診断士としての最初の活動」かもしれません。

口述試験の東京会場では、受験生による「口述オフ会」なども実施される予定です。口述試験の受験生が情報交換を図るとともに、今後の活動でのパートナーになるかもしれない、同期診断士と交流を図る場です。
(詳細は、FacebookやTwitter上で情報を公開しています)

partnership-526409_1280

このような、「」を使ってどんどん仲間を作ってください!


ちなみに、本日の午後に診断士としての初めての「理論政策更新研修」を受講してきます。診断士として受講が必須の研修になるのですが、どんな内容が学習できるのでしょうか?
(診断士として、必要な研修や資格の更新の条件などについては、木下先生のブログを参照くださいね)

また、研修の内容についてはこのブログでご紹介したいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。