ブログ一覧

こんにちは、これ短専任講師の木下綾子です。

診断士受験生の皆さんは、診断士の仕事というとどういうイメージをお持ちでしょうか? コンサルのイメージしか持っていない方が多いかもしれません。そんな私も、受験生時代は診断士の仕事について詳しく知りませんでした(汗)。

安部政権で推し進めている「アベノミクス」。そのおかげで、中小企業に対する助成金・補助金制度が非常に充実しています。しかし、助成金・補助金を使いたいけど、どうやって応募したらいいのかわからないという方が多いのが実情です。そこで、診断士が企業支援の一環として補助金の応募書類や助成金の申請書類の作成支援を行うのです。

そこでまず知っておかなければいけないのが、補助金と助成金の違いです。


 補助金とは?

補助金は、国や地方自治体の予算によって行われるもので、予算額を上限に採択数が変わります。応募したからといって、必ず採択されるものではありません。
応募書類に事業計画が含まれるので、診断士に依頼されるケースがよくあります。

【代表的な補助金】
・ものづくり補助金(中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(ものづくり、商業・サービス))
・創業補助金(創業促進補助金)

助成金とは?

助成金は、国や地方自治体の予算によって行われるもので、条件さえ満たしていれば必ず受給できます。

【代表的な助成金】
・キャリアアップ助成金
・トライアル雇用奨励金


勉強をしていると、中小企業経営・政策がつまらないと思うかもしれません。でも、実務で最も活用できるのがこの科目です。

補助金・助成金情報は、本当に支援を必要としている方に届いていないように感じます。これらの情報をご提供するだけで、とっても喜ばれる企業さんもいらっしゃいます。診断士としてお客様にもっと価値を提供しなければいけませんが、補助金・助成金情報は入口として知っておくと使えます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。