ブログ一覧

「これ短」講師 中小企業診断士の松木和成です。

本日は診断士の口述試験でした。口述試験を受けられた方、ここまでの勉強大変お疲れさまでした。仕事や家庭がある中でここまで勉強を続けるのは、本当に大変だったと思います。

残念ながら今年は途中で不合格になってしまった方も、大変お疲れさまでした。「また1年勉強するのか…」と途方もないような気持ちになっている方もいらっしゃるかと思います。私も3年前そうでした。
まだ気持ちの整理のついていない方もいるかと思いますが、ぜひ勉強を続けてほしいと思います。

私は受験2年目で診断士試験に合格しましたが、受験2年目で知識がようやく腹に落ち、知識を仕事で生かせると感じるようなりました。
そして、診断士を取得してから志の高い多くの人と会い、刺激を受けるようになりました。今こうして診断士試験の講師をしているのも、そのときの出会いがあってからこそなんです。

なので、多年度受験も意味があることだと思いますし、診断士を取得することも意味があることだと思います。ぜひ来年もチャレンジしてほしいです。

また、口述試験を受けられたみなさん、無事に口述試験を通過できれば、次は来年春以降に実務補習が待っています。
しばらくはゆっくりできる時期なので、ここまで勉強を支えてくれたご家族の方などに時間を使ってあげてくださいね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。