ブログ一覧

■講師氏名
松木 和成(まつき かずなり)

■担当科目
企業経営理論(組織論、マーケティング論)

■講師プロフィール
1985年生まれ。千葉大学卒業。
平成24年度中小企業診断士試験合格。受験2年目の勉強時間はわずか250時間だったにも関わらず、1次試験でジャスト420点を取得し、2次試験もクリア。
新卒で大手美容メーカーに入社。全国の美容室に足を運び、販売促進や人材育成など、美容室の幅広い経営支援に尽力する。これまでに足を運んだ美容室は3000軒近くに達する。その後は、経営コンサルタントに転職。美容室の経営支援で蓄積したノウハウを飲食店に展開するなどし、有店舗型ビジネスの経営支援を中心に活躍する。現在は大手人材会社で研修業務に従事しながらも、中小企業診断士として執筆や創業支援などの活動も行っている。
また、社内研修講師の実績は100回以上に上る。主な内容は、経営戦略、マーケティング、財務分析など。
中小企業診断士、美容師、1級色彩コーディネーター。

<コンサル支援実績>
美容室のほか、理容室、エステサロン、ネイルサロン、飲食店、スポーツ用品店、学習塾など、有店舗型ビジネスを中心に実績多数。

<創業支援実績>
上記業界を中心に200件以上。

<執筆実績>
・企業診断ニュース2014.10月号 「魔法の習慣」
・J-net21 「その後の”駆け出し診断士”たち」
など執筆実績多数。

■趣味
ゲーム。 プレイするだけではなく、ポケモンやPlayStationなどのゲームをマーケティングの観点から解説することが得意。また、昨今注目されている「ゲーミフィケーション」(コンピューターゲームの中でこれまで培われてきたノウハウを現実の社会活動や企業活動に応用すること)についての深い専門性も有している。ゲームライターとしても活動中。

■企業経営理論のポイント!
「勉強した割には点数が伸びない。」
これが企業経営理論の特徴です。実際、他の科目に比べると、企業経営理論は受講者間の点数のバラつきが少ない科目です。 この要因は、テキストの内容がそのまま1次試験で出題されることが少ないことにあります。つまり、ただテキストの内容を覚えるだけではなく、それを応用する力も必要になります。企業経営理論で学習する、経営戦略論、組織論、マーケティング論は、いずれも実際の仕事の中で使うことによって理解がぐっと深まります。
言い換えると、企業経営理論は、仕事の最中でも学習を進めることができる科目です。逆に、テキストの内容をどれだけ覚えても点数は伸びていきません。講座で学んだ知識を仕事で使い、どんどん理解を深めていきましょう。そのために必要な知識を、私が効率良くお教えします。

■組織論のポイント!
一度でも過去問を解いたことがある人は、組織論に苦手意識を持っている人が多いのではないんでしょうか?けど、苦手意識を持っていてもいいんです。なぜなら、組織論で点数を稼いでいるという人に、私はこれまでに出会ったことがないからです。 数多くある組織理論は頑張って暗記した割にあまり出題されないし、労働法規では非常に難解な問題が出題されます。組織論に苦手意識を持っている人が多いのはこのためです。 一番いけないのは、苦手だからといって、無駄に勉強してしまうこと。組織論は基礎だけを押さえられれば大丈夫なんです。一緒に基礎をしっかり押さえていきましょう。

■マーケティング論のポイント!
マーケティング論は興味のある方が多く、これも余計に勉強したくなってしまう分野です。しかし、経営戦略論や組織論とは違い、基礎知識で対応できる問題がほとんどです。陥りがちなのは、基礎と応用の区別がつかず、テキストの内容をすべて丸暗記してしまうこと。基礎内容を私がお教えします。

■担任制の詳細
「平日は仕事で忙しい」、「土日は家庭で忙しい」など、勉強時間の確保で悩んでいませんか?時間をうまく活用すれば勉強時間は確保できますし、ポイントを絞れば短時間でも合格が可能です。どのような勉強方法が良いかは人それぞれですが、ご自身に合った効果的な勉強方法は必ず見つかります。相談しながら、一緒に頑張っていきましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。